逆援助でコンプレックスを克服

人間は本来平等なものであり、生きていれば誰にでも平等にチャンスが訪れるべき、と思っているかもしれません。
しかし、実際には人間は様々な条件のもとで比べられてしまい、決して平等ではないというところもあります。

大人の社会でもそういったことはありますが、それは子供の中の社会でも起こることなのです。
何かの理由からその組織の中で差別されてしまう、ということはどこでも起こりえるものなのです。

子供であれば、身長が理由になることもあれば、性格、容姿といったものが問題になることもあります。
大人になればあからさまなものはなくなるかもしれませんが、それでも差別はなくなることなく存在しています。

差別があるために、チャンスを失ってしまうということにつながっていってもしますでしょう。
容姿などについての問題は、恋愛についてのチャンスを失ってしまうことにもなります。
見た目についてハンデを感じている人は、やはり出会い系サイトを使って出会うということがポイントになるかと思います。
出会い系サイトなどから相手と出会い、コミュニケーションアプリなどを使ってやり取りをして親密さを深めていきます。

ここでは最初から自分の顔を知られているわけではないので、相手にとっても中身を知ってからの出会いになりますよね。
ですが、実際問題として、見た目に問題があると思っているのは、自分だけであるということもあるかもしれません。

自信を持つことによって、そういったコンプレックスを克服することができ、チャンスにつなげていけることもあります。

逆援助は何を求めるかによって変わってくる

逆援助をしてほしい、そんな女性と出会いたいという男性は増えてきているかと思います。
なにせ、お金をもらって女性と関係を持つことができるのですから、男性にしてみれば理想の関係といえますよね。

最近では草食系男子が増えてきている一方で、肉食系といわれるような女性が増えてきているために、こういった現象が起きているのかと思います。
女性も社会進出をすることで、経済的余裕が増えてきていることもあり、男性を買って、出会いを求めるということができるようになってきているのですね。

さらに、その関係が今や普通になってきているというのも、男性にしてみれば嬉しいことかと思います。
しかし、逆援助をするのであれば、男性には気をつけて欲しいことがいくつかあります。
逆援助をすることで、簡単にお金を手に入れることができて、さらにセックスをすることもできると考えているかもしれません。
ですが、女性はお金を払うだけあって、かなり高いレベルのものを求めているということを忘れないようにしましょう。

やはりお金をもらうという以上は仕事ともいえますから、相手の要求に応える必要があります。
それができないのであれば逆援助をするというのは、少し避けたほうがいいかもしれませんね。
女性と出会うこと自体、そしてやり取りをしたりなどは、コミュニケーションアプリを使うことだったりで簡単にできる時代になってきています。

しかし、それからの女性の要求を満たすということは、少し難しいことであると考えるようにしましょう。

逆援助は小遣い稼ぎだけが目的なのか?

逆援助をする女性といえば、たいていはお小遣いが欲しいから、という理由で行っているものです。
そこまでして、女性というのはお金を手に入れたいと考えるものなのでしょうか。
しかし、逆援助をするもうひとつの理由として、お金以外にも単純にセックスをするのが好きだから、ということもあるかもしれません。

セックスをするのがそもそも好きな人の場合には、お金をもらうことができてセックスもできる、まさに一石二鳥と考えるかもしれません。
そういったタイプの女性にしてみれば、逆援助には得なところしかないと考えられるかもしれません。
そういった場合であれば、その女性は逆援助をしたとしても後から後悔をするようなことはないかと思います。

ですが、セックスをするのはそこまで好きではなく、ただお金が欲しいという人の場合には、後から後悔をすることもあるようです。
体を売るというのは、女性にとっては大きな体験なのですから、そうなることも仕方ないかと思います。
お金がなぜ必要なのかといえば、それはその人によって様々な理由があるかと思います。
お金を得ることができなければ、生活を維持することができないという人もいれば、ブランド物などの欲しいものがある、という人もいます。

自分が今コミュニケーションアプリをして逆援助のためのやり取りをしている女性にも、もちろん背景があるということを意識しましょう。
本当に生活が苦しくて、仕方なく逆援助をするしかない女性というのも存在しているのです。
できれば、そこで逆援助をするだけではなく、女性の相談に乗るなどもしてあげてみてほしいと思います。

逆援助をするということは危ない一面も

逆援助という言葉には、やはり少しアンダーグラウンドな響きがあるのではないでしょうか。
逆援助はあくまで個人と個人のやり取りであり、気をつければ危ないことはないと思う人もいるかもしれません。

しかし、実際にはその裏側に、巨大な性産業が絡んできているような実態もあります。
逆援助をしているような女性は、ほとんどが自分の手で相手を見つけて、お金をもらっているというわけではありません。
実際には、その裏に何かの組織があって、そこで逆援助の仲介をしてもらっているということがほとんどなのです。

自分の手だけで逆援助をしているような女性は、全体の数パーセントに満たないのではないでしょうか。
ほとんどが、大人の手引きによって、逆援助をしているという実態があるのです。
そして、彼女たちが逆援助で得た稼ぎの半分ほどは、その大人が持っていってしまうという実情もあるほどです。

大人であれば、こういった理不尽には対抗できるような手段があるかもしれません。
しかし逆援助をしているのはまだ幼い少女ですから、こういったことにも従っていくしかありません。
こういった一面を考えてみても、逆援助はビジネスの一つとして大人に利用されているだけであるという場合もあります。
ここで得をするのは、逆援助をして女性と出会うことができた男性でも、もちろん女性本人でもありません。

男性がコミュニケーションアプリでやり取りをしている女性の裏に存在している、大人の組織こそが、本当に得をしている存在なのです。
闇の産業に手を貸さないためにも、逆援助の実態に目を向けてみましょう。

逆援助女性の社会進出の影響で

逆援助という言葉は、ほとんどの人が聞いたことがあるものなのではないでしょうか。
一時期は社会現象にもなったほどのものですから、かなり浸透はしているかと思います。
では、その反対語ともいえる、逆援助については聞いたことはあるでしょうか。

逆援助といえば、男性は女性に対してお金を払うことで、セックスをさせてもらうという関係になっていました。
女性はお小遣いが欲しいというような理由から、自分の体を男性に対して売る、というものだったのですね。

そして、この逆援助でもまったく同じようにお金を払った上で体の関係を持つことになります。
しかし、逆とついているだけあって、お金を払う側は男性ではなく、逆に女性のほうなのです。
女性が自分のお金を使って、男性を買うというのが、この逆援助の中で行われていることなのです。

経済的に自立をしている女性から援助をもらいながら、交際をするということでした。
なぜこういった現象が起こっているのかといえば、やはり女性の社会進出が大きな影響を持っているでしょう。
まだ実際には男性優位なところもあるかと思いますが、女性の立場も徐々に強くなってきていますよね。

女性が自分から積極的に、コミュニケーションアプリを使って男性とやり取りをして、出会いまでこぎつけるということが起こっているのです。
男性なのに女性にお金の援助をもらうなんてみっともない、というようなことを考えてしまう人もいるかもしれません。

ですが、これからも女性の立場が強くなり続けていけば、男性にとってもこれが普通の出会いになるかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ